カテゴリー「旅行」の記事

2017-04-14

京都の桜 素敵な散策路

今回の旅行で時間があったら行ってみたいと思っていた 哲学の道。
ここは桜の時も紅葉も良いと聞いていましたが 南禅寺から銀閣寺までの2.4キロの長い散策路ですがすっかり気に入りました。

お寺さん程の混雑もなくしかも無料ですし雰囲気は良いし。
しかしながら 醍醐寺の後で食事してから歩きましたがそれでもエネルギー切れ状態に。 それに何時も履きなれている旅行用靴なのに足が痛くなりました。

友人はふくらはぎと腰が痛くなってお互い体力の減退を感じました。
この日はこの後円山公園へ行き木屋町通りを歩いた訳ですから相当歩いた事になりす。

これからはスニーカーが良いかな・・・と思った次第です。

https://www.youtube.com/watch?v=duPkAkvkAB4

Dsc0143311


Dsc0143511


Dsc0150511

2017-04-13

満開の秀吉のお寺さん

京都の桜も行った時は早めでしたが三日目には満開を迎えるところもありした。
一番行きたかった醍醐寺・・秀吉が多くの女性を集めてお花見をした有名なお寺さんです。

お寺の外も境内もさくらさくらで溢れていました。
しかも満開で一番の見頃でした。

ただお天気が今にも降りそうな暗い空で桜の色がイマイチ映えません。
でも今回の京都でここだけは外せないと思っていた醍醐の桜を見られた事は大変満足です。

京都の桜に興味のある方は是非お勧めのお寺さんです。

https://www.youtube.com/watch?v=In5CpagmGPY

Dsc0148511


Dsc0149411


Dsc01411


Dsc0153811

2017-04-10

①京都の旅

祇園白川 円山公園 木屋町通り 

着いたその日は京都の祇園へ行きました。祇園は咲いているとのメル友さんからの情報でした。

多くの花嫁さんが桜の下で前撮り? なのか大変賑わっていました。
時代は変わったのを実感します。

良い桜の下は殆どが花嫁さんの撮影です。
一生に一度でしょうから優先してあげないとね、その花嫁さんを撮る外人さんも多くてもう祇園は大変な賑わいです。

6日の夜は円山公園へ行きましたが桜は満開でしたが夕方で雨が降ってきました。
折角の夜桜見物も残念だったと思います。

タクシーで木屋町通りへ行こうとしたら運転手さんに 渋滞してるから歩いた方が早い と言われて四条から鴨川の裏の高瀬川の木屋町通りの夜桜を歩いて見物しました。

普段から足は鍛えて置くべきとつくづく思った一日でした。

https://www.youtube.com/watch?v=Z0fVyqp2ehI

Dsc0138911
祇園白川

Dsc01392
祇園白川

Dsc01511
円山公園

Dsc01514
雨の木屋町通り

Dsc0151711

2017-04-09

奈良の桜は咲き始めたばかり

奈良二泊京都一泊で桜の時期に合わせて行きました。
ツアーではないのでのんびりとすきなところで休憩して旅行というより旅という気分でした。

奈良は四回目 一回目は大切な人と 二回目は兄と妹と 三回目は巡礼方々友人と・・・
もう兄は亡くなってしまって 友人も8歳上の方だけど病気で入院されたら痴呆が出て誰の事も分からなくなられて・・・100観音巡礼も忘れてしまわれたのかしら。

とても寂しい事です。

奈良も行く度に整備されるのは良いけれど若草山もゲートや柵が出来て以前の雰囲気は無くなっています。

世界各国から多くの方が来られて日本人が圧倒的に少ないです。
日本はそれほど魅力的な国になったという事なのでしょう。

今年に限って桜の開花が遅れて残念ではありますがのんびりと充実した時間を過ごしました。

https://www.youtube.com/watch?v=J9Y0NL3SYhI

Dsc00452


Dsc004641


Dsc01473


Dsc01479

2016-12-11

四国⑥ お籠に乗って

四国旅行最後の金毘羅さんになります。
初めてお籠を体験しました。
中肉中背のmomo お籠屋さんも「全然楽です」外人のお客さんや120キロの人も居られるそうですが途中で左右交代しながら365段まで運んで貰いました。

以前膝の半月板損傷した事があるので出来るだけ楽したいのです。
でも後の420段は自分で登らなくてはなりません。

辛いと思いきや・・途中平なところもあり 100観音のように一気に登るのでは無いので自然に到着しました。
これならお籠がなくても登れそう・・・と思いましたが 帰ってから3日程ふくらはぎの筋肉痛がありました。

ツアーの方も3分の一くらいの方は最初から諦めてお土産屋さんで遊んでいました。

中国と違って日本は清潔で食べ物も美味しいしマナーも良くて矢張り日本は素晴らしい国だと実感しました。

https://www.youtube.com/watch?v=DbzSVNOipIA

Dsc01136


Dsc01144


Dsc01225>


Dsc01233>


Dsc01237

2016-12-08

四国⑤ 蔦で作った吊橋

あの はびこったらどうしようもない蔦で吊橋が出来るとは・・でも一応安全の為ワイヤーは使われているそうです。

微妙に隙間が空いているのでまず第一にカメラを落とさないようにしました。
皆で渡れば怖くない??? 大勢で渡ると余計怖い?

一方通行で途中で引き返す事は出来ないので 最初から渡るのを諦めた方も居られました。

この辺りは山深くて平家の落人が隠れ住んだところで 追ってが来ても切り落とせるように蔦で作ったという事です。
以前は7つあったそうですが今は祖谷(いや)のかずら橋と車で一時間程奥にもうひとつあるそうです。

紅葉の時期には橋を渡るのに二時間待ちもあるようです。
(少し間違いがあり訂正しました)(国指定重要有形民俗文化財)

https://www.youtube.com/watch?v=7HbviKFeycA

Dsc00308


Dsc0030722


Dsc00302

下の写真は高校野球で有名になった池田町です。
山間の田舎で驚きました。
Dsc00332

2016-12-06

念願だったはりまや橋をみました

♪南国土佐をあとにして♪よさこい節♪でお馴染みの土佐の高知を見物してきました。
桂浜は景勝地ですが陽が短い昨今のこととて 撮っている間にどんどん暗くなってきました。

海なし県に住んでいると海の風景には惹かれます。
ホテルは山内一豊の下屋敷があったところで 庭園も綺麗で明治から昭和4年まで架けられていた はりまや橋がお庭に保存されていました。

長屋門は昔の展示物などありました。
はりまや橋は 竹林寺の僧 純信が恋人お馬にかんざしをあげで有名になりました。

ガイドさんの話では寺を追放になった純信は何度も山を越えてお馬に会いに行きましたがそのつと連れ戻され ついに行き倒れになって亡くなったという説と 子供達に勉強を教えて一生過ごした説があるそうです。

お馬さんは誰か他の人と結婚して子供も出来て普通に一生過ごしたという事です。
そんなはりまや橋を感慨深く見物してきましたが 日本三大がっかり名所とも言われていいます。私はそんなふうには思いませんでしたが。

https://www.youtube.com/watch?v=EhAqLPax7dA 桂浜とはりまや橋


Dsc00225


Dsc00253

Dsc00251

Dsc00263

2016-12-04

屋形船で遊覧

実は船で遊覧が大好きな私です。
日本最後の清流と言われる四万十川は 鮎やエビやうなき゜など色々な魚が獲れるようです。

暴れ川とも言われて 土手もないしダムも無い川にはコンクリート製の沈下橋が架けられて増水しても橋の上を川水が流れるようになっています。

一度見たかった川と橋を四万十川で獲れた鮎やエビを頂きながら遊覧しました。
幸いお天気も良く快適な時間でした。

https://www.youtube.com/watch?v=exd4X8CPnic 四万十川

Dsc00217


Dsc00219

Dsc00220

Dsc00218

2016-12-03

旅行② 内子町

「松山市から南西へ約40キロの山間部に開けた内子の町は 明治期に木蝋づくりが飛躍的に発展し 全国有数の巨大産業に成長し街道沿いには土蔵や商家の邸宅が建ち並び人々の往来で賑わった。

しかし、電気やパラフィンの普及によって木蝋生産は急速に衰退し、深刻な産業不振と過疎化に悩む内子の町には、かつての繁栄を偲ばせる落ち着いた美しい町並みだけがひっそりと息づいていた。

重要伝統的建造物群保存地区として国の選定を受けると、町並み保存に地域の再生と活性化を賭けて町は大きく動きだした」 パンフレットから抜粋。

このような町を歩くのは好きなので 時間があればお茶でもしてもっとゆっくり・・というか泊まっても良いと思いましたが 何せツアーです・・・後ろ髪引かれる思いで後にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=_98j-c1bU6A 内子

Dsc00201


Dsc00203

Dsc00204


Dsc00211

2016-12-02

旅行① 道後温泉

以前修学旅行で小豆島のあとに金毘羅さんと屋島へは立ち寄りましたが道後温泉は初めてす。

お昼頃に到着してその後松山城へ行く事になっていましたが雨の山上は難儀なのを岐阜城で体験しているので私は取り止め温泉街でゆっくりのんびりしました。

ツアーはあちこち連れて行ってくれて便利ですが 自由に時間を使えないのが難で 今回の自由時間はとても楽しいものでした。

何より中国に比べて清潔でマナーも良く 横断歩道で立っていると必ず車止めて通してくれますし 道を聞けば途中まで一緒に案内して下さいます。

ご自慢の街なのか 色々説明は長いのですが人柄の良さを感じて気分の良い旅行でした。
又ホテル椿館は中心地にあり本館にも近くて本館の入浴券も頂きました。

画像はテレビ等でお馴染みですから見て下さる方は新鮮さはありませんが 一応思い出記録動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=L-ZLX47hh7A 道後

お馴染みの道後温泉本館
Dsc00179

ハイカラ通り
Dsc00182

道後温泉駅
Dsc00191

ホテル椿館のフロント 従業員は着物に袴姿
Dsc00200

より以前の記事一覧