« 初めての中国② | トップページ | 二年に一度の秋祭り »

2016-11-13

初めての中国③

上海は大変賑やかな街でした。新しい建物と戦前から洋館建てがあります。
公園では社交ダンスや太極拳をしています。

上海ヒルズと言われる日本人が作った森ビルは日本製の高速エレベーターがありあっと言う間94階展望台へ行きます。又日本製のウオシュレットも人気で中国で初めてウォシュレットをみました。

ヒルズを外から見るとてっぺんは四角に抜き取られたデザインですがもともとは丸のデザインでしたが日の丸をイメージしているとして許可が下りず四角に抜いた為栓抜きのような形のビルになり通称「栓抜きビル」と言われています。
中国人ガイドさんの話では日本人の物を考え出す頭脳は素晴らしいとの事でした。

上海には日本人が占領して移住した「租界地」と言われるところがあり「日本人が攻めて来た時中国人はこの橋を渡ってフランスの租界地へ逃げた」という事で 結局南京まで攻めて事件が起きるのですが 仕事柄ガイドさんが日本人や過去を責めるような雰囲気はありませんでした。

国のトップ同士は色々もめごともあるけれどわれわれ民間人は仲良くするようにと上からも言われているそうです。

ツアーの中にスリが混ざっていてガイドさんが気がついて追っ払ってくれて被害は無かったのですが ホテルは綺麗でも 街中やレストランのトイレの水は流れなくてペーパーもなくてもう二日目には帰りたくなりましたが 何とか4泊5日持ちこたえました。 お金持ちになった中国しかも大都市上海・・・お金はいったいどこに・・・?

尚老齢年金は一ヶ月ひとり千円支給なので生活出来なくて若い夫婦が働いて子供はお年寄りがみるのが一般的だそうです。
三年前に年金制度が出来たけどその恩恵を受けるまで20年くらいかかるようで二人っ子政策になっても生活が苦しくてひとりしか生まない人が多いという事でした。

今落ち着いて考えると今迄しなかった経験と刺激で面白かった??ような・・・そんな旅行でしたがやはり日本が一番です。

https://www.youtube.com/watch?v=vgjfrPqxAN0 上海

Dsc01031


Dsc01018

Dsc01028


Dsc01043


Dsc01036


Dsc001703

« 初めての中国② | トップページ | 二年に一度の秋祭り »