« 岐阜城 | トップページ | 北海道南紅葉の旅行記 »

2012-07-19

瑞巌寺 円通院

瑞巌寺
瑞巌寺は臨済宗妙心寺派の寺で 正式には青龍山瑞巌円福禅寺といいます。

中世末に戦乱その他諸々の原因で一時さびれますが 伊達政宗が1604年(慶長9)から5年をかけて再建 名称も瑞巌円福寺と改めます。

江戸時代には伊達家代々の菩提(ぼだい)寺として栄え、また、藩主を迎える場所などが整備さました。

581

583


592
門を入ると杉並木が続く参道がこの辺りはとても美しいです。

588
法身窟

596
本堂は改装のためすっぽり包まれて今は外観を見る事は出来ません。

円通院
円通院(えんつういん)は、臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の寺院です。

伊達政宗の嫡孫 光宗の霊廟として、正保4年(1647)瑞巌寺第100世洞水和尚により建立されました。

602

604
昔来た時にこのお庭の美しさが印象に残っていて もう一度ゆっくり庭園を見たいと思っていて 今回願いが叶って良かったです。

607

610

615

627

653
瑞巌寺も 円通院も何度か来ていますが 写真撮ったのは初めてです。
時間がたっぷりあったので 改めて美しいお庭をゆっくり散策しました。

五大堂
松島を代表する建造物である「五大堂」は 慈覚大師円仁が円福禅寺(瑞巌寺の前身)を開いた際、「大聖不動明王」を中央に、「東方降三世」、「西方大威徳」、 「南方軍荼利」、「北方金剛夜叉」の五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。

現在の建物は、伊達政宗公が桃山様式の粋を尽くして再建したもので、瑞巌寺に先だって建立されました。
桃山建築としては、東北地方最古の建物です。

6661


6601

« 岐阜城 | トップページ | 北海道南紅葉の旅行記 »

神社仏閣」カテゴリの記事