« 2011年11月 | トップページ | 2013年11月 »

2012年7月

2012-07-19

瑞巌寺 円通院

瑞巌寺
瑞巌寺は臨済宗妙心寺派の寺で 正式には青龍山瑞巌円福禅寺といいます。

中世末に戦乱その他諸々の原因で一時さびれますが 伊達政宗が1604年(慶長9)から5年をかけて再建 名称も瑞巌円福寺と改めます。

江戸時代には伊達家代々の菩提(ぼだい)寺として栄え、また、藩主を迎える場所などが整備さました。

581

583


592
門を入ると杉並木が続く参道がこの辺りはとても美しいです。

588
法身窟

596
本堂は改装のためすっぽり包まれて今は外観を見る事は出来ません。

円通院
円通院(えんつういん)は、臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の寺院です。

伊達政宗の嫡孫 光宗の霊廟として、正保4年(1647)瑞巌寺第100世洞水和尚により建立されました。

602

604
昔来た時にこのお庭の美しさが印象に残っていて もう一度ゆっくり庭園を見たいと思っていて 今回願いが叶って良かったです。

607

610

615

627

653
瑞巌寺も 円通院も何度か来ていますが 写真撮ったのは初めてです。
時間がたっぷりあったので 改めて美しいお庭をゆっくり散策しました。

五大堂
松島を代表する建造物である「五大堂」は 慈覚大師円仁が円福禅寺(瑞巌寺の前身)を開いた際、「大聖不動明王」を中央に、「東方降三世」、「西方大威徳」、 「南方軍荼利」、「北方金剛夜叉」の五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。

現在の建物は、伊達政宗公が桃山様式の粋を尽くして再建したもので、瑞巌寺に先だって建立されました。
桃山建築としては、東北地方最古の建物です。

6661


6601

2012-07-02

岐阜城

7月1日の日曜日 身内の法事で岐阜市まで日帰りしました。
前日までは梅雨の中休みだったのに 岐阜駅を降りた頃には雨が降っていました。

一年振りに兄妹とも顔を合わせ 法事の後食事をしながら 近況や昔話に花を咲かせました。
解散の頃には雨も止んだので 昔よく遊びに行った岐阜公園へ寄ってみました。

ところがロープウェイで金華山に登ろうとした頃に又雨になりました。
どうしようかと思いましたが 登ってみる事にしました。

004


018_2
毎日金華山のお城を見ながら育ちましたが 公園に来たのは何十年ぶりかで
噴水も当時からあったかどうか記憶になくて・・

020
織田信長公の屋敷あと・・
綺麗に整備されていました。

008
公園内の歴史博物館は撮影禁止ですが 信長像は撮っても良いとの事で・・

034
ロープウェイで金華山に登ったところで土砂降りの雨・・
暫くリス村で雨宿りしました。

金華山に棲む野性のリスを保護教調しているとの事です。
可愛かったです。

072
何時まで待っても雨の止む気配がなく 折角来たからと岐阜城へ登っていきました。
ピンボケです。

067
激しい雨で階段も長く感じましたが やっと到着です。
景色は何も見えずまっしろ・・

061
中は撮影OKという事でした。
ここにも信長公

068

071
傘も役に立たないほどの土砂降りで 来た事を少々後悔しながら 証拠写真だけは撮らなくてはと・・ガンバリました

子供の頃は健足で歩いて登った事もある標高329mの山城です。

お天気が良いと市内を流れる長良川と街並みなどなかなかの風景で 特に夜景は本当に綺麗で 車でのドライブコースもあるのでお勧めです。

若い頃一度だけデートで夜景を見ました

折角思い出に浸ろうと登った岐阜城でしたが さんざん降られて足も背中もバックもずぶ濡れでロープウェイを降り 急いでタクシーで岐阜駅へ向かいました。

駅ビルでスラックスと上着の安いのを買って 靴下も買って その場で着替えて その後温かい味噌カツ定食で暖まり 新幹線で熟睡しそうになりながら 夜10時に無事我が家に着きました。

今度行く時は兄の家で前日から泊めて貰うか ホテルで泊まるかして ゆっくり景色を楽しもうとつくづく思いました。

« 2011年11月 | トップページ | 2013年11月 »