« 2011年7月 | トップページ | 2012年7月 »

2011年11月

2011-11-09

インディアンの聖地

モニュメントバレー アンテロープキャニオン

赤茶けた荒野に岩峰がポツンポツン立つ荒涼とした風景は アメリカ西部の原風景かも知れません。

映画監督のジョンフォードは 「駅馬車」「捜索者」などの撮影地として使い 他にも西部劇やCMに登場して 今にも土煙りをあげながら馬が駆けてくるような風景が広がっています。

今回の旅行で一番楽しみにしていたのがこのモニュメントバレーで お天気に恵まれ西部らしい風景を味わう事が出来て良かったです。

大自然の中なので 悪天候の場合は ぬかるみで中止になることもあるようですが 今回の旅行は一度も雨にも風にも遭わず幸いでした。 

ナバホ族
インディアンのナバホ族は19世紀半ば 白人による迫害 略奪を受けましたが 先住民としての誇りを忘れず ウインドウ・ロックに本部を置く人口23万人の部族です。
 
独自の学校教育 行政 警察などを所有していて大統領もいます。

水も電気もない生活で 水は毎日汲みに行くのだそうです。

343

327
ナバホ族の若者・・
観光客を車に乗せてデコボコ道をビューポイントまで案内してくれます。
インディアンは 頭の皮を剥ぐ怖いイメージですが とても真面目そうで感じ良かったです。
統率がとれてるんでしょうね。

410
戸板の上に並べたお土産品は手作りで 御爺さんや御婆さんやお母さんが作っているとの事でした。


Moni1
この石で作ったものは何に使うのかと聞いたら 「ケンカした時にハズバンドを叩くのだ」と冗談言ってました。
実際は肩を叩いたり 物を崩す時に使うようです。
グリーンのネックレスはトルコ石で こちらでとれるそうです。

ナバホ族の工芸品の技術は非常に高く 装飾品手織りの敷物など指先が器用で 技術やしきたりを重んじて代々受け継いでいます。


アンテロープキャニオン

神秘の迷宮と言われています。
こちらもナバホ族の移住地で バスを降りてジープに乗り換え土埃りを上げながら猛スピードで入口まで案内してくれます。

554

477
中は不思議な空間で 芸術的とも思える縞模様は 鉄砲水の浸食によって創り出されたものです。

ここは雨が降ると逃げ場が無くなり 道もぬかるんでジープも走れなくなり見物は中止になることも多いですが 今回は本当にラッキーでした。

537
150メートルくらい続く狭い空間から出ると 尺八のような楽器で演奏のサービスです。

アメリカは広くて西部のほんの一部を訪ねただけでしたが アメリカの複雑な民族性を知る事も出来たし 何かと面白い旅行でした。

これでアメリカ西部紀行は終わります。

2011-11-07

グンドキャニオン 

グランドキャニオン プライスキャニオン ザイオン国立公園

この辺りは「グランドサークル」と言って 半径230キロのエリアに国立公園や記念物が沢山あります。

グランドキャニオン国立公園

誰もが一度は耳にして 写真も見た事があると思います。
約7000年前地層変動によって隆起し コロラド川の浸食によって作り出された 全長460キロ 深さ1600メートルの大渓谷です。
地層も微妙に色が違って見えたりします。
バスで移動しても遠く渓谷が見えたので 本当に途方もない長さなんですね。

Gura3_4

ラスベガスからグランドキャニオンまでバスで約5時間かかります。
幾つかのビューポイントがあって
私達はマーサーポイントとブライトエンジェルロッジでどちらも賑わっていました。

Gura6_4Gura5_2

グンドキャニオンで見かけたリスとmomo
リスは逃げないですが 咬まれる事もあるようで 余り近づきないようにとの事でした。

Gura10_2
グンドキャニオンへは鉄道も通っています。
この電車は分かりませんが ロサンゼルスの電車は日本製だという事でした。


プライスキャニオン国立公園

ここからの朝日の美しさは有名だそうで ホテルからバスで10分ほどで着き 暗いうちから待機しました。
海抜2400メートル 朝の気温はマイナス7度・・
お腹と背中のホカロンも効果なしの寒さでした。

待ち時間は30分ほどなのに長く感じて・・日の出はあっという間に上がってしまって・・
兎に角シャッターは切りましたが上手くいきません。

Pura1_3

ご来光を愛でるのは日本人が一番好きのようです。
この日も暗いうちがスタンバイしているのは 私達御一行様とカメラマン数人だけで
日の出後に 走って見にいく米国人ツアーバスがありました。
間に合わなかった米国の人と 決して遅れたりしな日本人・・・これもお国柄でしょうか。

Pura11_2
お天気に恵まれて感動のご来光でしたが 帰り道には先日の雪が残り道路も凍結していました。



ザイオン国立公園

鉄分を含んだ赤い巨岩が 両側に連なる峡谷で岩には神殿などの名前が付けられています。
大きさは593平方キロメートルで 登山やハイキング ロッククライミングも行われます。
この日も家族連れや登山者が多く見られました。

280種ほどの鳥類や爬虫類 哺乳類がいるそうでが 鳥の声はしても姿は見えませんでした。

Zai2_2

Zai5_3

Zai9
ザイオンは広い公園なので 中はバスで巡ります。
緑も多く黄葉が始まっていました。

2011-11-06

ロサンゼルス ラスベガス

アメリカ西部方面を少し旅行してきました。
約10時間・・夜発って夜ロサンゼルス空港に着きました。
アメリカの入出国審査の厳しい事・・
テロを警戒しての事でしょうが 両手の指紋 顔写真まで撮られ 靴や上着も脱ぎ 液体物は没収され グループを作って話しても叱られます。

でも街へ出れば 陽気なアメリカの人達は 早々とハロイン姿で街に繰り出し大騒ぎです。
カメラ向けるのは怖いので知らんぷりして通りすぎました。

今回はロサンゼルス ラスベガ グランドキャニオン インデアンの聖地モニュメントバレー アンテロープキャニオン プライスキャニオン  ザイオン国立公園を回ってきました。

西部劇に出てくる荒涼とした風景を一度見たくて行きましたが
まずはロサンゼルスと眠らない街ラスベガスです。

ロサンゼルス
西海岸の都市で カリフォルニアのイメージそのままに明るくおおらかな感じです。

Ros6
アメリカ西海岸のこの辺りはスベイン人が最初に入植して街をつくったとの事です。

車は日本車の トヨタ ホンダ 日産が3割以上を占め 映画に出てくる大きなアメ車は見かけません。

Rosu2_2

国道66号線はアメリカ合衆国中西部・南西部の8州を通り このサンタモニカまで全長3,755kmの連邦最初の国道の1つで 私達もラスベガスからグランドキャニオンへ行く時とおりました。

Rosu4
映画のアカデミー賞授賞式は赤い絨毯が敷かれて 二階の扉の中が会場で その時は凄い人出だそうです。

Rosu5
シアター前広場は有名な俳優の手形足型が並んでいます。
これはソフィアローレン 他にもチャーールトンヘストン ロックハドソンなど色々ありました。

Rosu8
街は大変な賑わいで 貴重品は首から下げて上着の下へ入れ 一回りしましたが 落ち着いて買い物も出来ませんでした。

ラベガス
ロサンゼルスからラスベガスまで不毛の地 土砂漠の中の高速を6時間走ります。

Ame1

砂漠の中に突如カジノシティ ラスベガスが現れます。

Rasu7
噴水ショー
眠らない街ラスベガス・・と言われますが まさに大リゾート都市です。

街は色々なアトラクションやナイトショーが行われ 各ホテルにはカジノあります。
私達も生まれて初めてカジノでルーレットを体験しましたが 私は10ドル負けましたが 勝った方も居られます。
一夜にして大金持ちになった方も居られるとか・・

ハマコウで知られる元国会議員の浜田幸一さんは カジノで一晩に4億6000万円すってしまった話はラスベガスでも有名です。

カジノは撮影禁止です。

Rasu5
フリーアトラクションの海賊ショーは 人気のようです。

Rasu2
ダウンタウンの目抜き通りでは毎夜 光と音のスペクタルショーが行われ
アーケードの天井は大スクリーンとなります。

アメリカも不況のようですが この街を見る限りは実感はなかったです。

« 2011年7月 | トップページ | 2012年7月 »