« 白根山のコマクサ | トップページ | 千畳敷カールと安曇野 »

2011-07-22

栂池自然園から戸隠へ

白馬の栂池自然園にいきました。

前日は適当なホテルも見つからず 白馬道の駅 で生まれて初めての車中泊になりましたが結構熟睡して大丈夫でした。
朝の清々しい空気の中を 車を止めて写真撮りながら自然園に向かいました。

朝一番のゴンドラで 上りましたが ゴンドラの揺れに酔った感じで 上ったとたん頭が痛い・・
もしかして高山病?・・かと思いましたが深呼吸してからペース落として巡っている間に自然に収まってきました。

園内は木道が整備されて歩き易くなっています。
風景見ながら・・高山植物見ながら・・撮りながら・・のんびりと午前中過ごしました。


Tugaike11

午後は集落 青鬼地区へ寄ろうと思いましたが 今の時期は余り良くないとの情報で直接戸隠へ行くことにしました。

以前から興味のあった鬼無理の里を通りました。
かなりの山道ですが 鬼無理の集落があり 渓流があり 里山の雰囲気がとても良かったです。

鬼無里にはこんな伝説があるようです。
http://www.s-togakushi.com/kinasa/kojiki/legend.html 伝説

717_657


峠を超えて戸隠神社の中社に着きました。
100円入れてお参りして 奥社へ向かいました。
奥社までは車でも結構距離あります。

717_661

駐車場に車を止め ここからは神聖な雰囲気漂う杉並木の参道です。
吉永小百合の「大人の休日倶楽部」のコマーシュルに出てきたとろです。
ところが奥社までの参道の長いこと長いこと・・

朝からずっと歩いて疲れて・・とうとう諦めて途中で引き返してしまいました。
こうゆうところが根性の無いmomoです

下は奥社への参道・・見事な杉並木で雰囲気たっぷりでした
717_667

717_671

次は信濃町へ行くことにしました

是非訪ねたかったのが小林一茶の旧宅です。
信濃町は俳人小林一茶の故郷で 最後を過ごした建物が残っていました。

717_684

717_683

中は6畳くらいの部屋が一つと4畳半ほどの囲炉裏部屋でした。

717_694

その後は野尻湖へ 信濃町からは黒姫山の雄姿が見られるようですが この日は靄がかかって見えませんでした。

« 白根山のコマクサ | トップページ | 千畳敷カールと安曇野 »

旅行」カテゴリの記事