« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年7月

2011-07-24

上高地

前夜の激しい雷雨も収まってこの日は快晴と見ました。
上高地は行くか止めるか 迷っていましたが 快晴間違いなしとみて一日中上高地で過ごす事にしました。
4度目の上高地です。

ルートイン松本インターで泊まったので ここから行きやすいです。
無料で付いていた朝食も摂らず 暗いうちにホテルを出て途中のコンビニでおにぎりを調達して沢渡に向かいました

途中夜が明けて沢渡の始発のバスにはまだ30分あります。
車の中でおにぎりを食べていると タクシーの運転手さんが 「800円で乗り合わせてどうですか」 と誘われバスより早く出発です。

大正池で降りたら昨夜の雨のせいか 深い靄が立ち込めていました。
靄の風景は撮った事ないけど 折角来たから兎に角撮らなくては・・
手振れ防止が付いたレンズとはいえ 手持ちでこの暗さは大丈夫かな~? 

昔 まだ20歳頃坂巻温泉で3連泊して上高地へ通いました。
若かったな~
大正池の枯れ木立も もっと多くてそれはそれは神秘的な雰囲気でした。
以後私の中では日本の美しい風景ナンバーワンです。

その後20年くらい前に来た時は河童橋の向こうの ホテル白樺荘 で泊まり朝靄の風景を見ましたが 当時それを撮るという認識は無かったです。
大正池は砂利が入り込み小さくなり木立も減っていて残念でしたが 穂高 焼岳 そして梓川の水も当時と変わりなく美しかったです

途中で出会ったお猿さん

717_342

今回の上高地では「山ガール」を沢山見かけました。
しかも一人の人が多い・・・
カラフルなタイツ姿で颯爽と・・カッコイイ!・・
「私ももう少し若かったらそのくらいの恰好はしたかもね・・」と思いながら・・

717_327

早朝でも人の絶えない河童橋・・焼岳も穂高連峰も見える絶好の場所にありますね。

717_302

原生林の中の明神池は透明度抜群で マガモが遊んでいます。

717_368

今回は時間もたっぷりあるし 明神池から徳沢まで行くつもりでしたが・・
ちょっと一人では山道が怖い・・熊も出るかも知れないし・・無理は止そう・・という訳で明神池止まりでした。

大阪から毎年季節を変えて来ているというご婦人も 風景ナンバーワンとの事で話しが弾みお互い住所も交換しました。

717_436

帰る頃には穂高連峰に雲がかかっていました。

2011-07-23

千畳敷カールと安曇野

この日は一日中安曇野散策で過ごそうと思っていましたが ホテルの窓から外を見ると とても暑くなりそうで・・

「何処か涼しいところはないかな・・? そうだまだ千畳敷カールは行った事無かったわ 何処ににあるんだっけ・・?」
地図とドライブ本で確認・・き~めた!

この日は松本で泊まっていたので 駒ヶ根ICを下りてバス停へ向かいました。
千畳敷カールはマイカー規制なのでバスでしか行かれまん。
駐車場はほぼ満杯状態ですが何とか止めて バス停に並び臨時バスで出発です

隣に座られた方が 駒ヶ根観光ボランティアの男性で 色々貴重なお話をして下さいました。
「今日は貴女の案内をしてあげます」
という事でロープウエイを降りてからも コースや花の名前など教わりながら周りました。
さすが何でもご存じなのには敬服です

初めての場所でお天気にも恵まれ案内までして頂き 想像以上に素晴らしい風景に感動しました。

ホテルの窓から・・暑そう
717_439

7117_500

山を下りてから時間があったので 安曇野へ行く事にしました。
有名な大王わさび農園です。
現在の朝ドラの「おひさま」にも出てきたところです

717_577

に出てきた水車小屋です。
水も澄んで綺麗でした。

717_574

わさび田は夏の間は葉焼けしないように黒いシートで覆われていました。

717_586

大切に育てられているんですね。
シートの下のわさび田は 綺麗な水が流れていました。
717_589

下は近くにあった道祖神・・テレビドラマのお蔭で観光客が増えたそうです。

因みに近くの穂高駅前の観光協会では 安曇野散策地図も頂けるようです。
私も一日散策のつもりが千畳敷へ行ったので 安曇野はこの辺りだけでした。

717_593 

2011-07-22

栂池自然園から戸隠へ

白馬の栂池自然園にいきました。

前日は適当なホテルも見つからず 白馬道の駅 で生まれて初めての車中泊になりましたが結構熟睡して大丈夫でした。
朝の清々しい空気の中を 車を止めて写真撮りながら自然園に向かいました。

朝一番のゴンドラで 上りましたが ゴンドラの揺れに酔った感じで 上ったとたん頭が痛い・・
もしかして高山病?・・かと思いましたが深呼吸してからペース落として巡っている間に自然に収まってきました。

園内は木道が整備されて歩き易くなっています。
風景見ながら・・高山植物見ながら・・撮りながら・・のんびりと午前中過ごしました。


Tugaike11

午後は集落 青鬼地区へ寄ろうと思いましたが 今の時期は余り良くないとの情報で直接戸隠へ行くことにしました。

以前から興味のあった鬼無理の里を通りました。
かなりの山道ですが 鬼無理の集落があり 渓流があり 里山の雰囲気がとても良かったです。

鬼無里にはこんな伝説があるようです。
http://www.s-togakushi.com/kinasa/kojiki/legend.html 伝説

717_657


峠を超えて戸隠神社の中社に着きました。
100円入れてお参りして 奥社へ向かいました。
奥社までは車でも結構距離あります。

717_661

駐車場に車を止め ここからは神聖な雰囲気漂う杉並木の参道です。
吉永小百合の「大人の休日倶楽部」のコマーシュルに出てきたとろです。
ところが奥社までの参道の長いこと長いこと・・

朝からずっと歩いて疲れて・・とうとう諦めて途中で引き返してしまいました。
こうゆうところが根性の無いmomoです

下は奥社への参道・・見事な杉並木で雰囲気たっぷりでした
717_667

717_671

次は信濃町へ行くことにしました

是非訪ねたかったのが小林一茶の旧宅です。
信濃町は俳人小林一茶の故郷で 最後を過ごした建物が残っていました。

717_684

717_683

中は6畳くらいの部屋が一つと4畳半ほどの囲炉裏部屋でした。

717_694

その後は野尻湖へ 信濃町からは黒姫山の雄姿が見られるようですが この日は靄がかかって見えませんでした。

2011-07-21

白根山のコマクサ

五日間ほど長野県を回ってきました。
「長野の高山植物と風景を時間に囚われず 足の向くまま気の向くままに見て撮りたい・・」という夢を叶えたのですが・・ちょっと疲れてトシを意識してしまいました。

コマクサ(駒草)は高山植物の女王とも云われていますが ガレ場の栄養もないようなところに咲いていました。
花には毒性があるようで カモシカを見かけましたが 毒が分かっていて食べないんでしょうね。
お利口さんです

5日間とも好天に恵まれまして 山の上も暑いくらいでした

花言葉・・・誇り

717_736

Ko111

« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »