« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011-03-27

震災後の状況

東日本大震災から16日が経ちました。
テレビや新聞で見ると避難されている方々も やっと衣食がいくらか行き渡るようになって ほんと良かったです。
次は住まいと仕事の問題で まだまだ復興には長い年月がかかる事でしょう。

そして福島原発の放射能漏れには 何とも落ち着きません。
栃木もほうれん草は汚染され スーパーから消えました。
水は売り切れで見かけなくなりました。
乳児を抱えた家庭では 買い溜めしたくなる気持ちも分ります。

東京の娘のところは テレビ見てすぐ買いに行ったらもう15人くらい並んでいて ひとり一本しか売って貰えなかったそうです。

もし放射能が漏れて 栃木県も被害を受け 避難を勧められたり外出禁止が出たら・・
私は出来る事なら 避難所には行かないで 雨戸締め切って 救援物資頂いて じっとしていたいと思います・・が?
どうかそんな事にならないように 関係者の方は大変でしょうが 頑張って早く収束させて欲しいと思います。

普段は公務員削減が取り沙汰され 何かと批判の対象になりがちな公務員の方々・・自衛隊 警察 消防 地域の役所の方々が 昼夜を問わず余震の中で任務を果たされているのを見ると とても頼もしく思います。

被災地はまだ燃料やガソリンが満足に届かないようですが 当地は150円と値上がりしたけど 並ばなくても給油出来るようになり 昨日は久し振りに 二台共満タンにしました。

お彼岸にはお寺さんで彼岸会が行われるのですが 今回は余震とガソリン不足で参拝出来なかったので 今日は塔婆を頂いてお墓へ持っていき やっと気持ちがすっきりしました。

2011-03-19

緊急地震速報

今朝6時過ぎに何やら夢を見ながらウトウトしていたら 携帯の緊急地震速報がけたたましく鳴りました。
「ううん!震源地は栃木県地方だと!」

ついに栃木か・・飛び起きました。
すぐ飛び出せるように玄関開けて待っていましたが 揺れません。
ハズレだったようで やれやれ・・
夢の続きも見られそうに無いので 雨戸開けて洗濯しました。

そして2時間半後 予告なしに栃木県と茨城県で大きな揺れがきました。
この地震がそうだったの?

もし緊急地震速報が2時間も前に来れば 逃げる時間もあり 津波の犠牲者もずっと少なかったでしょうに・・
こちらは津波は無いから ご飯作って食べてから逃げても間に合うかも・・・

ところが夜7時頃 又携帯の地震速報がけたたましく鳴ります。
今度もハズレかも・・と携帯を手に取ったとたんガタガタと大揺れ・・
待った無し・・

ガスを使っていたので 急いで止めて元栓閉めて 玄関へ急ぎました。
まだまだ不安定な 緊急地震速報・・
でも何も知らされないより ずっと心強いですぅ。

昨日送って下さった桜・・綺麗ですぅ
被災された方の事を思うと 今年はお花見どころでは無いかも・・

2011-03-17

震災後6日目

東北関東大震災から6日目を向かえようとしています。

昨日は久々に 心に灯りが灯りました
消息の分らなかった宮城県のブログ仲間さんが ご家族共々無事とのことを その方のコメント欄にありました。
ご本人から連絡が入ったとの事・・

地震後から 安否を気遣うコメントが並びましたが 返信もなく心配していました。
あの悲惨な状況ですから・・
でも良かったです ホントに良かった!

震災と原発事故で ダブルパンチを受けた福島県の避難住民を 栃木県が受け入れている事も知りました。
那須 塩原 鹿沼 宇都宮などに もう何家族も移られたそうです。

栃木県北部は東北に近く 家屋の倒壊や停電も続き一人暮らしのお家の片付けはボランティアの方がされているそうです。

栃木県矢板市も 断水世帯に無料で温泉施設を開放されているようで 救済に頑張っているのは ちょっと明るい話題です。

私はと言えば 出来るだけ外出を控えて 無駄なガソリンを使わないこと その分を被災地に差し上げたい・・(もっとも 入れたくても無いけど・・)

電力不足にも 少しでも貢献しようと 電気アンカを湯たんぽに 玄関や門灯は消す 風呂は明るい内に入るようにしています。

暖房は 灯油の匂いが嫌いで全室エアコンと電気ストーブだけど 今は電気座布団にひざ掛けを利用しています。
これは腰が暖かくてなかなか快適なのに気がつきました

と・・今・・ 緊急地震速報の携帯メールが「ギュワンギュワン」とけたたましく鳴りました。
茨城県 千葉県沖で地震発生・・茨城県は震度5 栃木県は震度4 強過ぎる余震です

2011-03-13

東日本大震災発生

3月11日午後2時半過ぎ頃 この日写真展を見に行くつもりでしたが 前々日の筑波山行きで軽い疲れがあり  テレビを見ながらうとうとしていたところに 地震がきて 
揺れはだんだん大きくなって外に飛び出しました。
収まって室内に入ると 又揺れて又飛び出しを4回ほど繰り返しました。

その間 駐車場の車はガタガタと弾み メダカの睡蓮鉢の水が溢れました。
室内を点検すると皿が一枚割れ 木彫りの鹿が落っこちて折れていました。

裏のお宅は室内が足の踏み場もないとの事・・友人宅も同じ・・
我が家は家具は倒れなかったです。

市内は夜中の三時まで停電したようですが 何故かこの辺りだけは大丈夫で テレビをつけたら 「津波の危険があります 高台に非難してください」と叫んでいました。

携帯で息子や娘にメールをしても 固定電話しても繋がらなく 心配で胸がパクパク・・
やっと娘と連絡が取れて孫も防災頭巾をかぶって幼稚園から無事に帰ってきたそうです。

夕方になりやっと息子の無事を確認出来ましたが 息子が居た茨城県水戸市は栃木より被害が酷く 室内は散乱しガラスは割れ 停電で信号も止まり 通行止めと渋滞で 4時間かかって夜中に帰って来ました。

娘のお婿さんも地下鉄はストップし 帰宅困難者になりましたが 幸い都内なので歩いてマンションまで帰り まずは全員無事でした。

きょうは地震発生から三日目に入り テレビで見る被災地の惨状は目を覆うばかりで 身内を探される人達には涙がでます。

ブログのお仲間さんに 宮城県の海の近くの方が居られますが
一日も休まれた事が無い日記ブログも 地震以来更新されてなく コメントに返信もなく 大変心配しています。
だだただ身体だけは無事で・・と祈るばかりです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »